診療科目

  • HOME
  • 診療科目:巻き爪の矯正・治療について

巻き爪の矯正・治療について

以下のような症状にお悩みの方はご相談ください

巻き爪・陥入爪の原因と症状

巻き爪の多くは足の親指に生じ、横からの圧力が原因で生じるとされており、原因として幅の狭い靴などが多いとされています。巻き爪が進行すると、先の方で筒状になってしまうこともあります。巻き爪を中途半端に爪切りすることで、炎症を起こしてしまう事もあります。
陥入爪は、爪の角が皮膚に刺さって炎症が起こってしまっている状態を言い、爪を深く切った際に爪の両側をトゲ状に残してしまったり、トゲ状の部分が無い場合でも先端部に強い衝撃が加わった場合などでも生じてきます。

巻き爪の治療

まず第一に食い込んでいる爪の両サイドを生えなくする方法で、従来からある鬼塚法という手術や食い込んでいる部分を抜いた後フェノールという薬で腐食させる方法などがあります。これらの方法は麻酔が必要であり、食い込んでいる部分が生えなくなるため、爪の幅が狭くなり、見た目が悪くなる事が多いとされています。
軽症の場合には爪の両側に綿を差し込んだり、シリコンチューブを同様に爪と皮膚との間に差し込んで、爪が食い込むのを防ぐとともに、軽い矯正を期待する方法があります。
ただし、症状が進んだ場合には上記の手術方法以外では、アクリル人工爪療法やワイヤーによる矯正方法しかないと考えられます。
アクリル人工爪療法は、いわゆるファッションでされるジェルネイルとほぼ同様の行程ですが、陥入部を除去した後あるいは綿などで軽度矯正状態にした後、人工的に平坦な人工爪をつける事で、伸びてくる爪がそれにならって平らになってくる方法です。保険がききますが、処置前に麻酔の注射が必要な場合が多いです。

当院での治療

むろん軽度な症例には矯正治療を行いません。
保存的治療が難しいと考えた場合、上記のアクリル人工爪療法やワイヤー矯正法をお勧めしています。当院のワイヤー法はVHO式と呼ばれるもので、ドイツで開発され、爪の両側にワイヤーをかけ中央で引っ張る事で矯正するもので、ほとんど痛みが無いので、麻酔を必要としません。ワイヤーは爪の伸びとともに先端部へ移動していきますが、1カ月半から3カ月もつので、そのワイヤーが外れるころに矯正が不十分であれば再びワイヤーをかけ直すというものです。1カ月に1回くらいの通院以外、消毒なども不要ですが、保険が適応されませんので、自費治療となります。

VHO式ワイヤー矯正法の料金

初回 \10,000- (1箇所につき)
2回目以降 \7,000- (1箇所につき)

皮膚疾患のことでお悩みなら「はやし皮フ科クリニック」お電話:06-4868-8867までお気軽にご相談ください。

クリニックイメージ
診療時間
午前診 / 9:30~12:30
午後診 / 16:00~19:00
休診日
水曜日午前、土曜日午後、日曜日、祝祭日
診療科目
皮膚科
所在地
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41 アマゴッタ医療センター4階