診療科目

  • HOME
  • 診療科目:当院の紫外線治療について

当院の紫外線治療について

紫外線療法とは

太陽から地上に届いている光は、その波長の長さによって赤外線・可視光線(目に見える光)・紫外線に分類されます。

紫外線(Ultraviolet=UV)を浴びると日焼けやシミ・シワを作ったり、遺伝子を損傷し、皮膚癌の原因になるなど悪い事ばかりが強調されています。しかし病気に効く波長だけを取り出すと、いくつかの皮膚の病気に効果があります。

紫外線治療とは

紫外線の中でもいくつかの皮膚病に効果があるとされる波長の紫外線を出す医療用紫外線照射装置を使って患部に紫外線を照射する(当てる)事で、皮膚病を治療することです。

主に乾癬・白斑・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎などに効果があるとされています。
現在紫外線療法は波長によってUVA・UVB・ナローバンドUVB療法と3つの種類に分類することができます。

1.PUVA(Psoralen+UVA療法)
ソラレン(Psoralen)という紫外線に対する皮膚の感受性を高める薬を塗る・飲む、またはソラレンを溶かしたお湯に入浴した後で長波長紫外線(UVA)を照射するものです。治療を受けた日はソラレンによって皮膚が紫外線に敏感になっていますので、ひどい日焼けを起こさないよう紫外線を避ける必要があります。

2.UVB療法
ソラレンなどの薬は使わず、中波長紫外線(UVB)を照射します。

3.ナロー(狭い)バンド(域)UVB療法
紫外線の中にはUVA・UVB・UVCの3種類がありますが、中波長紫外線(UVB)の中でも皮膚病に効く特定の狭い波長域(311~313nm)を使った治療法で、薬が必要なく、しかも効果はPUVAとほぼ同じと考えられています。治療に必要な波長だけを使っているため、短時間の照射で済み、副作用も少なくて済みます。

当院の治療方針

短時間の照射で済み、副作用も少ないとされるナローバンドUVB治療を行っています。

ナローバンドUVB治療の実際

  1. 週に2~3回治療を受けていただく事が必要な場合があります。
    週1回以下だと、なかなか効果が得られません。
  2. 紫外線照射による強い日焼け症状を避けるために少量の紫外線照射から始めて、効果を確認しながら徐々に増やしていきます
  3. 副作用についてですが、太陽の紫外線と同じで紫外線を浴びすぎるとやけどを起こしたり、長年紫外線を浴びる事で皮膚癌が生じたりすることが知られています。ナローバンドUVBも紫外線の一つなのでそういった恐れが全く無い訳ではありませが、照射量の上限を守って的確に行えば、副作用が少なく、効果の高い治療法とされています。

皮膚疾患のことでお悩みなら「はやし皮フ科クリニック」お電話:06-4868-8867までお気軽にご相談ください。

クリニックイメージ
診療時間
午前診 / 9:30~12:30
午後診 / 16:00~19:00
休診日
水曜日午前、土曜日午後、日曜日、祝祭日
診療科目
皮膚科
所在地
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41 アマゴッタ医療センター4階