診療科目

  • HOME
  • 診療科目:湿疹・皮膚炎・じんましんの治療について

湿疹・皮膚炎・じんましんの治療について

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください

症状

かゆみ、皮がむける、かさかさする、赤くなる、ブツブツがある、しみになる、ジュクジュクするなど

病気

湿疹、皮膚炎、急性じんましん、慢性じんましん、かぶれ、手荒れ、虫刺され、アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹などの病気

当院の治療方針

接触皮膚炎(かぶれ)、手荒れ、虫刺され、アトピー性皮膚炎など

接触皮膚炎(かぶれ)や手荒れ・虫刺され・アトピー性皮膚炎などについては、ステロイド軟膏や保湿剤をはじめとした塗り薬とかゆみ止めの飲み薬を中心とした治療をいたします。接触皮膚炎のアレルギー検査にはパッチテストという検査が必要になりますので、希望される場合は専門の病院を紹介いたします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎については日本皮膚科学会による治療指針に沿った治療を行ってまいります。また、ご希望により採血による個々の(例えば、ハウスダストやダニといった)アレルギーの検査を行いますが、乳児を含めた小さいお子さんの場合、採血が困難なため出来ない場合があります。

急性・慢性じんましん

飲み薬の治療が中心となります。特に急性のジンマシン(出始めてから間が無いもの)ではある時期を越すと治まってしまうことが多いですので、いろいろな飲み薬を組み合わせて治療いたします。
慢性のジンマシンの場合も基本的には飲み薬の治療となりますが、ご希望により上記アトピー性皮膚炎と同じように採血の検査を行います。

脂漏性湿疹

男性の頭部に多い脂漏性湿疹については、ステロイド外用薬・抗真菌薬であるニゾラール®の外用や抗ヒスタミン薬の内服以外にビタミン剤の内服とともにシャンプーやリンスの紹介も行いたいと思います。

皮膚疾患のことでお悩みなら「はやし皮フ科クリニック」お電話:06-6868-8867までお気軽にご相談ください。

クリニックイメージ
診療時間
午前診 / 9:30~12:30
午後診 / 16:00~19:00
休診日
水曜日午前、土曜日午後、日曜日、祝祭日
診療科目
皮膚科
所在地
〒660-0827
兵庫県尼崎市西大物町12-41 アマゴッタ医療センター4階